新幹線の格安チケット

ある程度遠ければ飛行機、近ければ電車や自動車でしょうか。当ブログでは、新幹線に格安で快適に乗るためのアイディアを、皆さまにシェアしてゆきたいと思います。出張や旅行をあまりしないかたにとっては、乗り物の料金の相場などはピンと来ないかもしれませんが、新幹線はそのスピードと快適さから考えますと、非常にコストパフォーマンスに優れた乗り物なのです。目的地までの時間がかかる寝台車などと比べてもとても安い価格設定になっているのですね。隣の県に行くのに、新幹線を利用するかたは少ないでしょうし、青森から九州へ行くのに新幹線を選ぶかたも少ないでしょう。

現在は、北海道と沖縄を除いた日本国中、新幹線で網羅されています。皆さまが新幹線をご利用になるのは、どのような場合でしょう。色々工夫をすることで、定価よりもさらに格安でチケットを手に入れることが出来ます。出張や旅行、帰省などをするとき、どのような交通機関を利用していらっしゃいますか。飛行機などに比べますと、料金的にも格安です。

我が国の新幹線は、非常に安全で速い乗り物です。また、飛行機はどうしても苦手・・・というかたは、真っ先に新幹線の予約をするでしょうね。飛行機が満席で予約できなかった場合などは、次に予約するのは新幹線でしょう。結果、出張もご旅行も帰省も、これまでより少ない料金でお出かけできるようになるでしょう。

ぜひ参考にして、今後はどんどん新幹線を利用してゆきましょう。どの程度の距離であれば、新幹線を利用しますか。しか も、揺れが少なく、車内は清潔で洗練されていますし、とても過ごしやすい空間となっています。距離的にはどうでしょう。 しかも全席禁煙なので、空気もきれいで、景色も十分に楽しむことができるのです。2~3時間の移動には新幹線がよいのでは ないでしょうか。


新しい技術

秋田新幹線や山形新幹線は、実際には「ミニ新幹線」と呼ばれるもので、法的に言いますと新幹線ではなく、新幹線車両が走行できるよう軌間を改めた在来線ということになっています。そして、従来の幹線とは異なる、新しい幹線という意味で「新幹線」という名前が付けられたのです。飛行機よりもずっと格安で、遠方への出張や旅行が可能となります。これで、北海道から九州まで新幹線で繋がることになるのです。

実際、そのすべてにおいて新しい技術が取り入れられ、そのスピードにおいても、乗り心地においても、安全面においても、あらゆる面で世界的に高い水準となっています。日本で初めての新幹線は、いつ、どの辺を走っていたのかご存じでしょうか。格安チケットのお話の前に、まず、新幹線という乗り物を、もう少し知っていただきたいと思います。

さすがに沖縄県まで新幹線を延ばすことは不可能と思われますが、北海道は現在でも青函トンネルでつながっているため、そこを通して数年後には新幹線で繋がることになっています。我が国の新幹線は、JRグループが運営する高速鉄道です。「全国新幹線鉄道整備法」というのがあるのですが、その中におきましては、「その主たる区間を列車が200キロメートル毎時以上の高速度で走行できる幹線鉄道」というように、新幹線を定義づけています。

現在、日本の新幹線は、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、東海道新幹線、山陽新幹線、九州 新幹線の6路線が開業しています。もっともっと利用されても良いくらいだと思います。それは 、1964年の10月に開業した、東海道新幹線です。 このように新幹線の路線がどんどん拡大していったことによって、利用者は短時間で日本の 様々な場所に手軽に移動できるようになったのです。観光地などはこれによって恩地を受けたことになります。


ドイツ

ドイツでは、150km/h以上の気動車列車がすでに走っていましたし、イギリスでは、最高速度160km/h以上の特急列車が、走っていました。日本で初めての新幹線は、1964年の東海道新幹線だというお話を、前回いたしましたね。新幹線に格安で乗る方法は、後ほどお話いたしますが、その前に新幹線の歴史をざっとお話いたしましょう。その結果、輸送力の増強手段として「弾丸列車計画」というものが、1939年に発案されたのです。

格安チケットで旅をしながら、このようなウンチクのひとつでも旅のパートナーに聞かせてあげてみてはいかがでしょうか。その時点では、日本はかなり遅れていたということになります。アメリカにおきましては、当時すでに最高速度が180km/hに達する蒸気機関車さえも存在していました。我が国は、現在のように裕福ではなかったですから、スピードの出る新しい乗り物を開発しようにも予算がなかったのです。

1930年代に入ったころ、満州事変や日中戦争が激化してくるにつれ、日本から中国、そして満州へ向かう物資輸送需要が激増してきました。 しかし、1950年代までの最高速度は、100km/h以下しかなかったのです。それにより、主要幹線の輸送力を強化するため、様々な検討が行われました。

実は戦前から、日本においても高速鉄道というのはありました。1940年には承 認され、工事が始められましたが、この時点で新しい幹線を増設するということ で、「新幹線」という呼び方ができ上がったとされています。東京から下関まで の間を200km/hで、9時間で結ぶと言う計画です。現在では5時間程度でついてしまいますが、 当初は新幹線でもこれくらいの時間がかかっていたのです。


金券

乗り物だけでなく、さまざまな金券が、定価よりも安く売られているので、まだ一度も行ったことがないというかたは、ぜひ一度、行ってみると良いでしょう。それでも、いくつかの方法によって、かなり格安に乗ることができる場合もあります。行ってみたことはございますか。ほとんどのかたがチケットショップを思い浮かべるのではないでしょうか。

座席の数はそれほど多くないようですが、かなりの格安料金となっています。ただし、気を付けたいのは、繁盛期など利用できない期間があるということです。 それでは、いよいよ本日から、新幹線に格安で乗る方法を、いくつかご紹介していきたいと思います。残念ながら、新幹線の場合にはそこまでの大幅値引きというのは、基本的にはありません。

回数券は乗車一回分が、定価よりも安く設定されていますからね。それらも含めて、これから、ひとつずつ解説してゆきたいと思います。実際、チケットショップでは、新幹線をはじめ、さまざまな乗り物のチケットを格安で販売しています。その期間をしっかりチェックしてお出かけの日時に当てはまらなければ、チケットショップで回数券を購入するのがお得でしょう。

必要なものであれば、少しでも安い方がありがたいですから ね。飛行機の場合には、数か月前からの予約によって、定価に比べますとかなりの値引き料金で乗 ることができるチケットがありますね。まず、新幹線に格安で乗りたいと思ったなら ば、あなたはどうしますか。それで、新幹線のきっぷの場合であれば、一般的には回数券をバ ラで販売している場合が多いと思います。格安で乗る方法にはいくつかあるのですが、できるだけ 各安にしようと思えば、まずは予定を早くきめてしまうことが一番になります。


チケットショップ

前回はその中で、チケットショップで売っている新幹線チケットの多くは、回数券をバラしたものだということもお話いたしました。東北新幹線の場合には、6枚つづりで3か月有効となっています。グリーン車用の回数券などもあり、こちらは6枚つづりであったり、4枚つづりであったりさまざまです。大勢で、一定の期限内に、新幹線を利用するのであれば、定価でチケットを購入するよりもずっと格安で乗ることができます。

東京・大阪間の普通車指定席用については20枚つづりの回数券もあるほどです。ということであれば、もともと新幹線のチケットには回数券というものがあるということがわかりますね。さて、その回数券ですが、どのようになって売られているのかと申しますと、これは、各新幹線によって、いろいろと異なっています。九州新幹線は2枚つづりです。

東海道新幹線と山陽新幹線につきましては、種類が色々とあります。これは、たまに旅行や帰省で新幹線にお乗りになるかたは知らなかったことかもしれませんが、ビジネスにおいて出張などで頻繁に新幹線を利用するかたは、知っていることでしょう。上越新幹線の場合にも、6枚つづりで3か月有効です。

有効期限は1か月しかありませんが、一人で往復に使用したり、二人で片道に使用するなど、用途がいろいろあり便利です。それぞれ目的に合わせて選びたいですね。新幹線に格安で乗ろうと思ったのなら、チケットショップを利用する・・・これは、きっと多くのかたがたが思いついた方法でしょうね。


インターネットで新幹線を予約する場合

インターネットで新幹線を予約する場合も、地域によっていくつかのサイトがありますが、JR東日本をご使用のかたがたが利用するのが「えきねっと」というサイトだと思います。何号車の、どの辺の座席が良いのか・・・など、座席の指定までも、ご自身ですることが可能なのですよ。インターネットが普及したおかげで、現在では、駅まで足を運ばなくても、お好きなチケットが簡単に手に入るようになったのです。さらに、えきねっとに会員登録をしているかたがチケットを予約する場合、「トクだ値」という割引価格で購入することが出来ます。

ご年配のかたは、駅まで足を運ぶでしょうか。えきねっとは、JR東日本が運営している、列車チケットの予約サイトの名称です。また、曜日やシーズン、列車の時間帯などによって、割引率が変わってくる場合もあります。新幹線のチケットが必要となった時、どこでお買いになっていますか。

お若いかたでしたら、インターネットで購入するかたも多いでしょうね。ここを利用しないなんてもったいないですね。ですから、あらかじめ予定が決まっているものに関してはできるだけ早い予約がお得だと言えるでしょう。

20%値引きと、10%値引きでは違いが結構大きいですから、日時を多少ずらせる場合 には、ずらしたほうが格安で乗れるということになります。ここでは、新幹線に 限らず、乗車券をはじめ、指定券やグリーン車指定券など、列車のさまざまな チケットを予約することが出来ます。このトクだ値は、定価から考えますと非 常に格安な料金設定となっているのですが、どの列車でも適用されている わけではなく、また、座席に限りがあるため、早期予約のかたから順番に なくなってしまいます。ですので、あまりギリギリになると座席があいていない、 ということもよくありますので、プランが決まり次第、予約、というようにしておきましょう。



えきねっと

前回は、JR東日本の「えきねっと」というサイト内で新幹線のチケットを購入することで、新幹線に格安で乗る方法をご紹介いたしました。しかもグリーン席の場合には、ポイント2倍となりますから、往復のグリーン券予約では、80ポイント・・・つまり200円分ものポイントがその場で貯まるということになります。そのかわり、利用回数が多くなればなるほど、割引率は大きくなります。前回、ご紹介いたしました「トクだ値」が設定されていなかった場合でも、格安で乗る方法は残されています。

往復で購入すれば、一気に40ポイントが貯まりますね。今回もまた、このえきねっとを利用した方法です。この20ポイントは、現金換算すれば50円相当になります。

Suicaポイントクラブの会員であれば、Suicaポイントに交換できますし、えきねっとにビューカードを登録すれば、ビューサンクスポイントへ交換することも可能です。 ただし、今回の方法は、初めて利用するかたは使えない方法ですし、利用回数が少ないほど割引率が低くなることをご了承くださいね。このポイントは、商品と交換することも出来ますし、Suicaにチャージすることも可能です。

さて、その方法ですが、えきねっとに会員登録している会員が、えきねっと内で列車の指定席を予約した場合、指定席一枚につき20ポイントが発行されます。ということは、ポイントをたくさん貯めることで、次回の新幹線チケットが格安で購入できるということになりますね。有効期限は、翌年度末(3月末)ですから、忘れないようにしてください。 このような便利なえきねっとをぜひ活用して快適に新幹線を利用しましょう。 案外これまで説明したえきねっとをご存知でない方も多かったのではないでしょうか?これを機会にぜひ使ってみてくださいね。